スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

方向性を見失っている気がする

戦国大戦で勝てません!


順調に借金増やして負けが50くらい先行してます。

諏訪姫さんを使ったデッキが思い浮かばないので、本願寺で仏撃ゲー始めてみた訳ですが最初は調子よかったんですがねぇ……。
やっぱり4枚デッキで騎馬なしは無理があったか。
いやむしろやはり足並み揃える事が出来てないのが問題か。

やはり武田で諏訪姫さん使いたいというのもあるので何かしらのデッキを考えたいところですが、いかんせん晴信と甘利というキーになりそうなカードを引いてないんですよね。
馬場さんは引いたので織田と混色でどうにかする手もなくはないですが、安定した勝ち星を得るためにはパンチ力が欲しいところ。

特に晴信はどんなデッキでも入るほど優秀ですし、弱体化を受けたとしても(というか次のver.upで必ず受けるでしょう)十分な強さは保てるはずなので手に入れたいです。
というかいい加減買うか、Rのカードだから高くないし。

とりあえずデッキ思いついたら新たな日記を書こうかと思います。
スポンサーサイト

theme : 戦国大戦
genre : ゲーム

line

リプレイ動画作ったぞ

予定超過ですが(死
作成タイミングでver.upするFF14が全部悪いんだー!(反省してない)



はい、次回はGW終盤くらいには上げたいですね、時間あるはずですし。

theme : ニコニコ動画
genre : ブログ

line

おめでとう!おめでとう、ばっちょ!

感動で涙を流す勢いだ!

何の事かというとこの記事です。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1030683

「ライジングインパクト」がジャンプに載ったのが98年なので16年かけて遂に鈴木央先生が評価された事に感動です!
「ライジングインパクト」の頃から熱狂的ファンが多かったのですが、絵柄の問題かそこまで一般受けしなかったんですよね。
そして週刊少年誌を転々としつつ週刊少年誌制覇という荒業をやってのけたりと色々凄い人です。

ファンとして思うのは、やはり雑誌の色とかあると思いますが、ファンタジー描いてる時は安定して面白いなと。
と言ってもコミックスで出てるファンタジーって「僕と君の間に」と「七つの大罪」しかないんですけどね……。

今回アニメ化する「七つの大罪」はまだ原作8巻までしか出てないのでアニメ化するのは早いんじゃないの?って気はしますが、鈴木央ファンとしては応援の一択です。

まあ、最後に一つだけファンの愚痴を、なんでアニメ化するの「ライジングインパクト」じゃないんだよ……。

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

line

新しいジャンルかー

SEGAの新作アーケードゲーム「Wonderland Wars」がちょっと面白そう

何でもMOBA系と呼ばれるゲームジャンルで欧米では人気ジャンルなんだとか
ただ、欧米で人気でも日本では鳴かず飛ばずのジャンルもありますからね、どうなるか注目です。

で、この「Wonderland Wars」ですが、見た目が可愛らしいです。
明らかに普段ゲームやらない層も狙ってますね。タイトルからしてそうなんでしょうけどw

ゲーム性自体は奥深そうですが、一般層にはスマホゲーが派手になってリアルタイムで対戦できるようになったという認識を持ってもらいたいような作りをしてる気がします。

まあ公式でロケテ動画上がっていたんでそれを張っておきましょう、ちなみにプレイ料金は2プレイ300円でカード購入(実カードではない)が1回100円で2回まで可能な計500円のようです。
つってもカードで集められるのはアバターだけのようですね、ゲーム性考えたら当たり前なんですけどw
つまり見た目が初期状態でいいならば1セット300円で出来るんで取っ付きやすい気がします。



theme : 日記・雑記
genre : ゲーム

line

第二回 新・午前十時の映画祭開幕!

という事で近場のTOHOシネマズで見てきました。

見たのは「オズの魔法使」です。
ヴィクター・フレミング監督、ジュディ・ガーランド主演のミュージカル映画ですね。

原作は言うまでもなくライマン・フランク・ボームの「オズの魔法使」です。
アメリカではクリスマスの時期にテレビで放送されるとか何とか、日本の忠臣蔵みたいなものでしょうか。

さて、内容は丸々そのままオズの魔法使いです、ひねりは一切ありません。
強いて言えばミュージカルになってるから単なるドラマより子供でも見やすい点くらいでしょうか?

映画公開当時(1939)はカラー映画が出始めたころで、その素晴らしさを広めるために作られたという話をどこぞで見た気がします。

なので、カンザスのシーンはモノクロ、オズに行ってる間はカラーとなっています。
最初のモノクロシーンからカラーになった瞬間の衝撃は当時は相当だった事は想像に難くないですね。
最近の事で考えてみると分かりやすいと思いますが、地上波アナログからデジタルに移り、解像度がフルHDを初めて見た時の衝撃を思い出していただければ分かりやすいんじゃないかと思います。

で、やはりミュージカル映画なので楽曲が重要なのですが、何といっても「Over The Rainbow」でしょう。
ジュディ・ガーランドの歌声がまた良いんですよ。

流石に有名すぎて隠す意味もないので言っちゃいますが、
最初は「この空の向こうにはもっと素晴らしいところがあるはず!」だったのが、オズでの冒険を経て「私って愛されているのね、やっぱりうちが一番だわ」ってなる話な訳です。

要は「理想の場所はよく分からないこの空の向こう側になんてない、いつでも自分のそばにある」という話を非常に分かりやすく伝えているのは本当に素晴らしいと思います。
古臭いのは否めませんが、見て損はしない話だと思うので興味のある方は是非映画館やDVDで見ていただきたいと思います。

theme : 映画感想
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

Jester7

Author:Jester7
いつまでも進歩しない社壊人ゲーマー

映画、戦国大戦、百合作品に愛を注ぎまくってます。

戦国大戦プロフ
主君名…白月 眠兎

領国…征6国(6月21日現在)

使用デッキ 傾城デッキ(その時に強いカードを取り入れてます)

戦友登録したい人はご自由にどうぞ
会員名 はまぱんだ 戦友パス 3594

アイカツもやってます。
ニックネーム ぴよぴよ
ルームアドレス S6404417☆aikatsu!

line
リンク
line
最近の記事
line
最近のコメント
line
月別アーカイブ
line
ブログ内検索
line
カテゴリー
line
最近のトラックバック
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。